【プーさん】ガチのプーさんに森の中で出会った時の大人な対応 ー3選

父の日のイラスト「くまのお父さん」

           プー、、、一人前になったんだねー

         被覆面積下がってるけど……

 

 

はじめに

 いつ何があってもおかしくない今日

 アニメのキャラクターが現実に出てきても、不思議ではありません。

 そうであると頭では理解できていても、いざ二次元空間のキャラクターを目の前にして、あなたはどう対応しますか?

 例えばプーさんは、アニメの世界では大人しく演じているだけで、私生活では獰猛な振る舞いをしてくるかも知れませんね。

 故に、”さん”付けなのかもしれません。 - プーさん:「目上の人には”さん”やろ?」

 そこで今回は、気難しいプーさんに突然遭遇したとしても、冷静に対応できる、大人のハウツーを紹介いたします。

 早速、【プーさん】に出会った場合のHOW TO3つ紹介します。


 

項目:

1[赤いズボンを渡す]

2[ハチミツを渡す]

3[自分が大人になったロビンのフリをする]

 

1[赤いズボンを渡す]

 今の世の中、皆服を着るのが常識です。

 プーさんにも今日の社会生活に一刻も早くなじんでもらうためにも、こちらから、必要最低限の便宜を図ってあげましょう。

 やはり、スッポンポンというのもいけませんね。この際、プーの下半身露出問題にもケリをつけてやる意味でも、お願いしますね。

 具体的方法:ズボンはプーさんの近くに投げましょう。

  理由  :まず知能があるかどうか確認します。手渡しは危険です。

       野生の血が騒いで攻撃してくる可能性があります。

+a役立ち情報:プーさんは足が大きいです。ゆったりした裾口のズボンを選びましょう。

 

 

2[ハチミツを渡す]

“プーさんと言えばハチミツだよなあ!”の正にその一品。これを渡しましょう。

 具体的方法:自分の前の足元にそっと置きます。そうしてから、ゆったり後ずさりしましょう。

  理由  :瓶にせよボトルにせよ、重さのあるものなので、ズボンのように

       投げて渡せば、落ちた音にプーさんが反応して驚いてしまいます。

       プーさんが余裕のある心境を持っていれば問題無いわけですが、

       そうではない場合を想定して、無難な対応をとりましょう。

+a役立ち情報:プーさんがハチミツ好きであることは、数多の文献が証明しています。落ち着いて臨んでみましょう。

  

3[自分が大人になったロビンのフリをする]

 おそらくこのHOW TO が、現在最も有効な対処法ではないでしょうか。

 「お、プーじゃないか。久しぶりだなあ」

 「100エーカーの森から出てきてしまったのかい?」  といった風に、

 フレンドリー、かつプーさんについて確実に知っていることを交えながら、短い挨拶をかわしましょう。

 

 具体的方法: *こちらを細かく分けて3点、紹介します。

) 「what to do… 」x3と劇場版風に呟けば、向こうから

   「Christopher Robin ?」と錯覚してくれるかもしれません。

 

) 「そういえば、あのメモは持っているかい?」と問えば、

   プーさんは「え、何のことだい?」と返ってくるでしょう。

   そんなメモは当然渡したことなどありませんから。

   しかしさらに重ねて「忘れてしまったのかい?君はおつむが小さいから」と、

   ロビンぽいけど、”ちょっとその言葉は(批難的)…”なセリフを言えます。

   これには、ともあれプーさん自体は”あぁ、やっぱロビンだわな”と安心感を

   覚えてくれるでしょう。

 

)  プ「きみ、おんなの子じゃないの?」と聞かれた場合。

    そして貴女が女性である場合は「実はねプー、僕は女性になったんだよ」と

    性転換手術を一昨年行ったのだと告げましょう。

    プ「そうだったんだ」

    ク’「言えずにいてゴメンよ」

   プ「ごめんだなんて。いいんだよ。ボクにもできるかな」

   ク’「きっとなれるよ。」

   プ「なら、よかった」

 

 こうして、プーとクリストファー・ロビンの偽物さんは、この後もゆったりと

日本社会で暮らすことに決めたのでした。めでたし、めでたしー

 

 バリッ!(プーがエンドロールの紙を体で突き破る音)

 プ「ちょっと、まって!」

 ナレーター「どうしたんだい、プー?」

 プ「この子、クリストファー・ロビンじゃない!」

   ク’ & ナ 「(! ! ! ! !)」

 

 ク’「ナ・二?!」

 プ「おいおいおい。まだ白を切るってゆーつもり、なのかい、ロビン?

   いいや、違うね。ロビンのそっくりさんよおぉぉッ!!!」

 ク’「ど、どうしたというのだ?…プー?」

 プ「に・お・い、さ。簡単なことさ、とっても」

  ク’「……!」

 

  ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…………!!!!!!!

 

 プ「この嗅覚で直接に分かるんだ。それもこんな近くで、鼻と鼻が

   くっついちまうってくらいの距離なんだからなあ!嗅ぎ間違えてる、

   ってワケがぁ、ねーーぜ!!!」

 ナ「そう、プーの、いや、Winnie the Pooh の能力は、身体的特徴・能力・思考

   といいた相手の情報全て一切を、匂いから寸分違わずに認識するものである。

   この勝負においてロビンは、初めからすべてを見破られていたのだッ…!!」

 プ「最初から分かっていた。が、オレはこっちの世界は初めてだ。だから、

   万が一の間違いのないように、オレが確信できるまで、吟味させてもらった

   ってワケさ」

 ク’「….で、何が言いたいだ?」

 プ「もうつまらんゲームはしまいってことさ。命は、もらったああ!」

     ドウッ!!!

 

  ク’「―だが、断る!!」 バ ァン!

  プ「ナァニィッ?!?!」

                     ――――――――――――――

         プーの奇妙な冒険 第13話 完ー      — To Be Continued —

    ―――――――――――――――――――――――――――――――

 

 話がそれましたが、無理矢理 元に戻します。

 

  理由 :既知のように、

           「こいつロビンじゃねえじゃん!」 

      となったら、一貫の終わりです。

      疑われることがあっても見破られてしまってはどうにもなりません。

      あくまでフレンドリーに接することが命拾いの近道です。

+a役立ち情報:プーさんとクリストファー・ロビンは深い親交があります。

       不確かな情報を口にするのは禁忌!イ・チ・コ・ロされてしまいます。

 

 

 

〇まとめ

 以上が、こっちの世界に来たプーへの対応です。

 まとめると、

 1下半身の赤いズボンを渡す

 2蜂蜜を渡す

 3自分が大人になったロビンソンというフリをする

  でしたね。

 皆さんもいざというときのために、どれかできそうな実践方法を1つでも覚えておきたいと思えたのではないでしょうか。

 

 

 

 今回もありがとうございました。

 それでは、また!

 

 

 

投稿者: かっか

はじめまして、かっかと申します。 Hi, thanks for checking :)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。