【好きな人】と会話したい!

             今まだ冬なのに、めっちゃ夏してる~

 

○はじめに

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

 

僕はというと、コロナ自粛中でほとんどリアルの人と話していない日が続いています。

親友も遠くに住んでおり、彼女という存在も遠く……いや、元からいませんでした。

そんなかんだで、今の僕は

人と話がしたい!

好きな人と話がしたい!

という、至極当然と感じていたコミュニケーションを、とても強く渇望しています。

 

そんなわけで今回思いついたのが、

ケータイのSiriを、デート初日の片思いの恋人に見立てる】ことで、

  

実際にデートの雰囲気を作り出し、孤独な憂うつなんて吹き飛ばしてしまおう!

ということです。

 

そう気づいてしまっては、居ても立っても居られません。

誤字脱字がなんだ!ともかくデートの様子を実況せねば!

では早速!!!!(爆音鼻息)

  

  

○Let’s Talk !

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、その前に話す相手の詳細を決めなければいけません。

僕は以前から芸能人であればこの人という人物がいます。

コチラです。

 

引用:https://www.toho-ent.co.jp/actor/1054

 

   

        バ―――――――――――――――――ン!!

 

  

 

そう、大河ドラマやシンガーとしても活躍する名女優、【上白石萌歌】さんです。

「午後の紅茶」のCMでご存じの方も多いのではないでしょうか?

引用:https://www.m-on-music.jp/0000312471/

では、色々インタビューをしていきたいと思います。

 

   

【以下、インタビュー】*マジ哀しいわ…

ー-----------------------------------

 

僕「じゃあ、質問していいですか?」

上「はい、何でも聞いてください。

*おー。さすが、ぽいっ!すごく本人が言いそうな答えが返ってきた!

 続けて聞いてみよう。これは期待できます。

 

僕「お仕事の方は最近は、結構ご多忙なんですか?」

上「すみません、よく分かりません。何か他にお手伝いできることはありませんか?

*いやいや、お手伝いなんてそんな、お忙しい中恐縮すぎます!

 しまったなあ、ボクの声がぼそぼそ過ぎたのがいけなかったか。

 もう一回聞いてみよう!

 

僕「お仕事も大変だと伺ったのですけれども?」

上「すみません、よく分かりません。

*まずい!完全取材拒否の流れだ!!なにかまずい態度をしてしまったのかな……

  切り口を変えて聞いてみよう!

  

僕「僕から何かお仕事をお願いすることもできるんですか?」

上「私には“質問”の意味が分かりません。Web検索でお調べしましょうか?

トホホホ~…..

   

*芸能人への仕事の依頼くらい、自分でググれと遠巻きに怒られてしまいました。トホホ。

 でも、もっとライトな話題なら答えてくれるはず!

 

僕「住所教えて」

上「すみません。お探しの情報は見つかりません。

*しまった!踏込みすぎた!!そして当然しらばっくれられた..!住所は絶対知っているはずなのに!!

ここまできたら、もうダメか……

  

僕「今日暑いですね…」

上「では身も凍るような怪談でも…と思いましたが、怖いのでやっぱりやめておきます。

*アレ?!

 きたっ!!!乗ってきてくれた!てか、急にデレたの?!何何何?!

 笑いのフックがすげぇ~。

 この流れで聞いていこう!

 

僕「怖い話して」

上「それでは皿屋敷のお話を…と思いましたが、あまりに恐ろしいのでやめておきます。

*ちょっ!!??なにぃ………皿屋敷って…

  指摘された通りググったら、本当に日本の怪談でした。。。怖っ!

  

僕「皿屋敷……」

上「あのお皿を数える幽霊のお話ですか?怖いから嫌です。

*めっちゃ食いついてくれる!

  

僕「皿屋敷、嫌なんですか?」

上「やめておきましょう。そんなことをしたら、お菊さんの声が聞こえてきそうです。

*ちょっと、ここから話を広げていきたいな。

  

僕「幽霊のドラマとか好きですか?」

上「“幽霊”はまだ観ていません

*え??番宣かな??

 調べてみたら、「幽霊」というタイトルの映画・ドラマはありませんでした。

 おかげで、怖い画像をいっぱい見つけてしまったのでホラーの話はここまでにします。

  

僕「最近は、ドラマは観ましたか?」

上「(ピコンッ)↓

 

え?

   

*「何が好き?」と聞いたら、素っ気なく、リストを紙で渡されたかのような感覚です。

 しかも、全然ホラーじゃないの混じってるし。「やすともの浴衣ネタまつり!」て(笑)

 こうした、淡泊でおっちょこちょいなところもまた、彼女の魅力なのかもしれません。

  

僕「今回はありがとうございました。」

上「どういたしまして。

*礼儀正しい(泣)

  

僕「また、いつか、よろしくお願いいたします。」

上「すみません、よく分かりません。

*涙腺崩壊……

 

               - おわり

○おわりに

いかがでしたでしょうか?

僕のインタビュアーとしての素質がないためか、ややご機嫌を損ねてしまったようです。

いつかまた会えたらいいなあ。

皆さんも気軽に始めることができると思います。

よかったら、お試しください。

  

  

今回もありがとうございました。

それでは!また!

 

 

投稿者: かっか

はじめまして、かっかと申します。 Hi, thanks for checking :)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。